【Global Talk!2022-23】 Session18 UMass / Knox

 

今回はマサチューセッツ州立大学ー日本語学習4年目の学生と1ヶ月に渡り、非同時&同時交流を行いました。
「アメリカと日本のジェンダーバイアスについて考える」をトピックに学生同士で交流を積み重ねながら発表本番に備え考えを深めてもらいました。

同時交流は2回行いました。
まず1回目の交流前にPedletで日常で感じた男らしさ、女らしさを求められた体験談を紹介してくれました。
第1回同時交流では5つのグループに分かれてそれぞれジェンダーバイアスに関して話し合った上で5つのテーマの中から取り組みたいテーマを決めました。

1.職業、2.専攻、3.趣向、4.趣味、5.外見

同時交流は時間が限られているため、お互いの連絡先を交換し第2回同時交流までに学生同士でコミュニケーションを取りながら発表内容をまとめてもらいました。

基本的には学生達にグループワークの進行を任せる形で取り組んでもらいましたが、今回は良い発表資料を作ることも大切ですが、せっかくの機会なので「交流」そのものを大切にするようリマインドしながら進めました。
例えば自分のパートでも作成する過程で、単にネットで情報を集めるのでなくアメリカの学生に積極的に質問をして色々教えてもらいながら取り組むよう心がけてもらいました。
情報を集めるだけならインターネットも普及していることもあり自己解決できることも多くありますが、一手間かけて他人の意見を直接引き出してみる過程を経験することが国際交流では大事だからです。


第2回同時交流では、事前にVoiceThreadに発表資料と発表内容を録画してもらい、同じグループメンバーの内容を確認した上で交流本番に挑んでもらいました。
約1時間という限られた交流時間でしたが2チームに分かれて発表ではなく、ディスカッションを中心にグループワークを進めました。皆、事前に自分の意見をまとめていたこともあり、質問されてもスムーズに答えることができていました。

ディスカッションのなかでKnox生からUMass生の資料に関して質問が飛ぶことが比較的少ない印象がありました。
海外では質問することは遠慮するような事ではなく、むしろ相手に関心を示していることを表せたり、コミュニケーションが行き交う良いきっかけになるので、今後交流の機会があれば自ら話題を投げかけてみる(質問して相手の意見を引き出してみる)ことにもぜひチャレンジしてみてください!!

最後に全員集合して全体ディスカッションをしたのですが、皆さん躊躇せず自分の意見を堂々と話す姿が素敵でした!
1回目、2回目の集合写真の皆さんの顔をみるとわずか1ヶ月あまりの交流期間でしたが随分とリラックスした印象があります。
この交流の経験が今後の皆さんの糧になれば嬉しいです。

———-学生から寄せられた感想を一部紹介します。———-
■日本とアメリカの外見におけるジェンダーバイアスについての相違点をお互いにシェアしあって、どちらの国にもジェンダーバイアスが少なからず存在するということがわかりました。また、セッションを重ねていくにつれて、英語を話すことに対して躊躇しないで話せるようになってきており、とても貴重な体験をさせていただいているなと感じます。
■自由度の高い非同時性交流を通してのグループ活動が多かったので、うまくできるか少し不安でしたが、とても内容の濃い楽しいグループワークができました。このメンバーでプレゼン制作ができてよかったです。
■交流を通して、日本におけるジェンダーノームについて相対的に見つめなおすことができたのは大きな学びでした。日米双方における男女格差とステレオタイプの在り方について意見を交換できたのも良かったです。最大の学びは、第二回交流で先生がおしゃっていた「日本では男性の女性化に対して、アメリカでは女性の男性化に対して社会はより寛容である」という指摘です。まさにその通りだと思いました。

【Global Talk!2022-23】 Session11 Hills Learning / Knox

12月初旬にHills LearningとKnox初の交流が行われました。
参加対象者は中学生〜成人までと幅広い年齢層の学生が集まったため普段とまた少し違った交流で双方楽しんでいました。

交流は基本ペア交流で1回メンバーチェンジし1名あたり2名の相手との交流をしました。
まず最初に自己紹介と一緒に「自分の好きなおやつ」を紹介し合いました。
聞いたことないおやつの名前もあれば、キットカットのように世界共通で人気のおやつも出てきて盛り上がってました。
次に「アメリカと日本のピザ」について紹介をしてもらいました。日本の学生はしらすのピザなど日本にしかないようなピザを紹介してました。アメリカの学生もアメリカでも地域で少し味が違うなどの情報を教えてくれていてお互いに新発見があり楽しく話していました。

初めての交流ということもあり最初は皆さん緊張気味でしたが
ペア交流ということもあり「おやつ、ピザ、音楽」など共通の話題で話すうちに自然と笑顔で交流できるようになってました。
会話の内容を正しく理解し学習言語で他者に説明するのはシンプルなようで難しいですが、全員で集まり話した内容を報告し合った際には皆ペア相手から教えてもらったことを自分の学習言語で説明してくれており、ちゃんと交流ができていたようです。
学習言語での会話で自然にスムーズに言葉を発するのは場数を踏むことも大切です。こういった機会がまたあれば積極的に参加していきましょう。これからも皆さんの活動を応援しております!

—参加した学生からの感想を一部紹介します。—
<Knox>
お寺が好きな子がいて、それについて英語で説明する機会もありました。うまく伝わっていたら良いです。私にとってすごくよい経験でしたし、もっと日本のことを知ろうと思いました!
私はぼんち揚げを紹介しました。難しかったけどわかってもらえたようでよかったです。日本語で話す体験をすこしでもお手伝いできてうれしかったです。二人とも私の日本語を一生懸命理解しようとしていて、わたしも英語をがんばるぞと改めてやる気がでました。
ピザについての話では、ニューヨークとカリフォルニアのピザの違いなど(カリフォルニアのピザはブロッコリーがのっていることが多いそうです)知らなかったことを教えてもらえた。これからもたくさんの人と交流できるように英語の勉強や日本についての知識をつけていきたい。
日本でピザが日常に浸透していない理由が値段や大きさの違いであったのがわかったのが、一番の発見であった。
昨日の交流は、事前にはっきりとテーマが知らされていたこともあり、普段よりも積極的に話せたように感じます。特に、今まで使ったことがなかった単語や表現を実践で使えたのはとても良い経験になりました。
アメリカのお菓子は全てがunhealthy なわけではなく、健康志向を反映させているものもあることを学んだ。ペアの人はインド系の方でインドの調理法やインドで有名なチーズや料理を反映させたピザがあると知った。やはりアメリカは多文化、多民族の国なので、ピザ1つとってもいろいろな側面があることが分かった。

<Hills Learning>
■My impression of the Global Talk was very positive. The people I was paired up with spoke English very fluently. They were like native speakers! They talked very naturally and it looked like they have been doing this for years. They both introduced me to different foods I have never seen before, such as Kinokono Yama, Takenoko No Sato, and white bait pizza.
I would be more than happy to do something like this again in the future!
■We had enough time to cover both topics and we even managed to discuss similarities and differences of food and restaurants in Japan and America. I was impressed with my Japanese partners’ advanced English vocabulary and grammar. It inspired me to continue studying Japanese. I look forward to future exchanges.
■The meeting was a great opportunity to practice my target language, while also learning from a native speaker how my speech and mannerisms came across.

【Global Talk!2022-23】 Session17 UMass/Knox

Session17 はマサチューセッツ州立大学日本語学習3年目の学生と少人数グループに分かれて、2回の同時交流をしました。
テーマは第1回【教育制度・受験制度について】、第2回【食文化について】とし、身近なことを取り上げてアメリカと日本との違いについてそれぞれ教え合いました。

多くの参加者は、交流前はアメリカの方が学校生活で決まりがないイメージを持っていたようですが、話しあってみると、実際にはアメリカでも学校によっては日本のようにスカートの長さに基準があったり、意外と共通する部分も多く、全くかけ離れている訳でもないといった発見もあったようです。

また食文化に関しても、よくあるイメージとしてアメリカだからピザやハンバーガーがよく食べられているのでは?という訳でなく、特に家庭料理にはそれぞれの家族、主に両親や先祖の出身国の食文化が大きく反映されていることもあり、会話の中で一概に「アメリカの家庭料理や食卓マナー」でくくれない、といった発見をした人も沢山いました。

参加者たちは、このセッションを通してまた新たな文化間での発見があり、お互いの興味を深めたようでした。

—学生から寄せられた感想を一部紹介します—

特に、印象に残っているのは、部活動のお話です。日本では入学してから卒業するまで一つの部に所属し続けるのが一般的ですが、アメリカでは頻繁に入退部を繰り返し、様々な部活に所属するのが一般的であるということがわかりました。

■食生活の話からアメリカと日本の大学の食堂の違いや、チェーン店の違いまで知ることができて面白かったです。アメリカの学生さんにサイゼリヤの紹介をしたら、値段の安さにとても驚いていました。そのようなリアルな話がたくさんできて、お互いに有意義な交流になったと思います。

■UMassの学食でもアジア料理が浸透して人気であることがわかりました。学生のために朝早くから夜中まで開いていることを知りました。何か一つ日本料理を作れるようになれば、海外に行ったときに喜ばれるだろうなと思いました。

 

次のSessionもお楽しみに!

【Global Talk!2022-23】 Session1ー② Harvard / Brown / Knox


先日Session1の最後の合同会議が行われました。
Session1はFlipやVoiceThreadを活用した事前タスクと計3回の合同会議が行われました。
今回は第2回、第3回の合同会議についてご紹介します。

◎第2回合同会議交流Topic は【ジェンダー問題 (社会における男女格差)】
学生たちはジェンダー問題について1つ自分が発表したいカテゴリーを決め取り組みました。
選ばれた分野は幅広く、代表的なものだと経済、政治、育児、教育、メディア、性的少数派などがありました。

事前の取り組みとして、現状と原因について作成したスライドを実際に同時交流で発表するシチュエーションを想定して、VoiceThreadに投稿しました。

本番では1度練習していたこともあり、皆さん緊張しつつも上手に自分のトピックに関する現状や課題を話すことができていました。発表して終わりでなく、ディスカッションに繋がるように相手の考えを引き出す質問をし、各々のグループが濃いディスカッションの時間を過ごすことができていました。

—学生から寄せられた感想を一部紹介します—
■女性の差別や格差など感じることを話し合い、相手校の方が中国の方だったため、日本と中国で同じアジアで共通する面などもありお互いの意見を聞くことができ面白かったです。とりわけ、宗教の問題も女性の権力が低いことへとつながるなど、知らなかったことも知ることができました。
■練習したのですが、スムーズに英語でプレゼンテーションすることが難しかったです。また、自分の意見を英語でうまく伝えられない時があったので、英語でディスカッションを楽しめるようになりたいと思いました。「おしゃべり」と「プレゼンテーション・意見交換」は全然違っていて話しにくかったので、もっと頑張りたいというモチベーションにつながりました。
■ジェンダー問題と一つにテーマをくくっていても人それぞれで観点が違って聞いていて面白かったです。そしてなぜそのような現状になっているのか理由を話し合ううちに固定概念をもっているという一つの大きな原因にすべて通じていることがわかりました。アメリカでの考え方と日本での考え方は大きく違い、教育としてジェンダー問題や性教育について考え方に大きな違いがあることも改めて知ることができました。

◎第3回合同会議交流Topic 【チームでテーマに沿ったワークショップ開催のための計画を立て、インスタグラムで掲載することを前提にポスターを作成する】

今回は6つのテーマ(①政治、②スポーツ、③労働*産休、育休、給料、④教育、⑤芸術*映画アニメ、伝統芸能⑥LGBTQ)
の中から自分の取り組みたい分野を選び、同じテーマを志望した他2校の学生と6名ほどのチームを組みTopicに沿って共同作業をしました。
作業時間は約30分ほどの限られた時間しか用意できませんでしたが、どのチームも非常によく議論された上で作成されたクオリティーの高いポスターを作成してくれました。

チームでの作業後、全員で集まりチームごとに発表し、最後に全員で1位のポスターを決める投票を行いました。
結果は、教育について取り組んだ2チームのポスターが同率1位となりました。
1位を獲得したポスターについては実際にKnoxの公式Instagramアカウント(global_talk_knox)にて公開してますので、ぜひご覧ください。

最後の同時交流は、Session1に参加した3校の学生が一同に集う場でしたので、各校の学生が1名ずつMCを担当し、最初から最後まで学生のみで運営してもらいました。
約60名が集った場でMCは自分の学習言語で運営しました。
緊張した様子が伝わってきましたが皆で作り上げている雰囲気があり、終始和やかな様子でした。

言語や文化の壁に負けず自分たちで協力して成し遂げる経験を本セッションでできていたら嬉しいです。
Session1は終了しましたが、このSessionでの経験を活かして今後も国際交流頑張ってください!

—学生から寄せられた感想を一部紹介します。—
■プロスポーツの男女間の賃金格差に焦点を当てましたが、この問題に関しては日本とアメリカがよく似た問題を抱えていることがわかりました。話し合いでは「賛同してくれるスポンサーを見つけて、このイベントを機に日本に女性スポーツの日を作ろう」という、私には全く思い付かなかったとても素敵なアイデアをアメリカの学生さんが出してくれました。第1回目はお互いにとても緊張した感じで始まったSession1でしたが、回を重ねるごとにリラックスした雰囲気になり、3回とも楽しく交流できました。このSessionに参加してよかったです。
■S1の3回の交流では、アメリカ側の学生の日本語力の高さがとても印象的でした。また、彼らのアメリカや日本の社会問題についての知識の多さに驚きました。 このセッションに参加したことで、英語力をもっと高めたい、日本語をより正しく使いたい、社会問題に関する理解を深めたい、といった様々なモチベーションが出てきました。学びの多いとても有意義な時間でした。
■終わってしまうのがとても惜しかったです。個人的に最も苦戦したことは、会議した内容を形にすることです。今回の会議でも、議論自体は活発に進みましたが、ポスターの形に落とし込むところが難航してしまい、特定のメンバーに任せきりになってしまったのが悔やまれます。ほかにも、発表のときに緊張で頭が真っ白になり、せっかく話し合った内容を十分にプレゼンできなかったことや、詰まってしまったりと、後悔する点は多々ありましたが、その分学ぶことも多かったです。なにより、文化や価値観の違う人たちと、よりアカデミックな内容で語らえたことが楽しく、嬉しかったです!

【Global Talk!2022-23】 Session15 ODU / Knox

今週はKnox生とODU生とでペア交流に挑みました。
ODU生は日本語の学習を始めてまだ1年目だったこともあり「自己紹介」をテーマに会話をしました。

交流はKnox生の英語スキルUPのためでもあり、ODU生の日本語スキルUPのためでもあります。
相手が学習中の言語でコミュニケーションを取る際、相手が間違えていたり躓く場面があると、ついつい伝わりやすい方の言語でサポートしたくなるところですが、それをし過ぎてしまうと相手のためにならないこともあります。
なので交流を開始する際に両校ともに日本語使用の時間では日本語のみの使用を徹底、英語使用の時間では英語のみの使用の徹底をしました。

もちろん今回Knox生がペアとなった学生は日本語学習1年目の学生達なので、日本語だけでのコミュニケーションだとどうしても難しい場面もありましたが、そこはKnox生が日本語でサポートを入れ続けてくれたことにより、より実践場面に近いシチュエーションでの会話ができました。
使用言語によって[名前、年齢、趣味]といった定番の話題で終わった時間もあれば、[出身地の特徴、大学での専攻内容、将来就きたい職業と理由]など踏み込んだ話題ができる時間もあったと思います。
あまり上手くコミュニケーションが取れず歯がゆい経験をした学生もいたと思いますが、それもぜひKnoxで皆さんにしてもらいたい経験です!
実際にODU生が日本に来た際や、Knox生が英語圏に行った際にサポートしてくれる人がいつも近くに居るとは限りません。「どうしよう伝わらない。なんて言えばいいのかとっさに思い出せない。」といった状況に出くわすことは今後も多々あると思います。そうした時には今日の交流を思い出し、「あきらめないで伝え続ける。」気持ちで挑んでください!
これからも応援しております!

■Knox生の感想を一部ご紹介します。■

とても楽しく交流できました!ODUの方が、たくさん話題を用意してくださっていたり、拙い英語を理解しようとしてくださっていたのががとてもうれしかったです。お互い言葉が詰まってしまうこともありましたが、日本語と英語で捕捉し合い、楽しく交流することができました。本当に感謝です!ありがとうございました。
英語の学習をしていると、文法を決して間違ってはいけない、間違ったら全く伝わらないのでは無いかと、神経質になってしまいがちですが、実際にネイティブと話している中で、英語ではなんていうのだろうと思いながら、知っている文法や単語をつなぎ合わせてみると、意外と自分の意思や考えを伝えることができたことに驚き、間違いを恐れずにもっと積極的に話してみようと思えました。
日本人2人と外国人1人のグループの方が、自身の英語の拙さをより痛感できてどのように英語を話したらよいか勉強になりました。本日はこのような機会を作っていただいてありがとうございます。とても楽しかったです。
楽しく交流することができました。好きなアイドルや趣味の話で盛り上がることができました。英語と日本語だけでなく複数の言語を勉強している学生がいて驚きました。日本語のみで会話をするのは難しかったですが、良い経験となりました。もっと相手の日本語を聞き取って理解して、相手が話しやすいようにできたらよかったと思いました。この経験を生かして日本語学習者と日本語で交流する際に、相手が話しやすいようにするためにはどのような工夫ができるのかを考え実践するとともに、日本語の文法に従ってはっきり話せるようにしていきたいと思いました。

 

【Global Talk!2022-23】 Session1-① Harvard / Brown / Knox

Knox本年度最初の交流は、Harvard University と Brown Universityの日本語レベル上級クラスの学生との3校合同交流からスタートしました。

全体でおよそ50名程の学生が参加し、交流中は少人数グループに分かれてそれぞれの学習言語で、日本の学生は英語、アメリカの学生は日本で交流に挑みました。


初回のセッションテーマは「身近な若者言葉」でした。
「ずっとも」、「それな」、「エモい」、「すきぴ」、「ま」、などKnox生は普段当たり前に使っている日本語のニュアンスを改めて説明するのに苦労している様子で、「ずっとも」=「BFF」など英語でも言い換えやすい 言葉もあれば、「あーね」のように実際の使用シーンなど、どういう心境の時に使うのが適しているのかなど微妙なニュアンスが難しく、詳しい説明が必要な言葉もあり、言葉の意味がちゃんと伝わるよう一生懸命に説明するKnox生、初めて聞く日本語に興味津々なアメリカの学生、両者が目を輝かせながら交流 していたのが印象的です。

また今回は言葉の紹介だけでなく、紹介し合った若者言葉を使用した4コママンガをチームで作成しました。
マンガの内容から、作成方法、発表の仕方までチームごとに議論をし進めていったのですが、チームの個性が光る楽しい発表会となりました。日本語の若者言葉で1話と英語の若者言葉1話の合計2話作成しているチームもあれば、特に気に入った若者言葉を1つ使用して1話のマンガを日本語バージョンと英語バージョンで用意しているチームもありました。

Knox生にとって初めての交流だったので皆さん最初は緊張気味な様子でしたが、交流が終わる頃には緊張感の取れた様子で積極的に自分の意見を言ったり、アメリカの学生の日本語が間違っていたら、どう違うのか丁寧に説明している姿を見て、わずか1時間あまりの短い時間でしたが皆さんが確実に成長しているのを感じました。

参加したKnox生の感想に「楽しかったです!日本語の先生になったようでした!」、「Harvard生とbrown生の方は日本語がペラペラで私のことを沢山サポートしてくれてもっと英語を勉強して喋れるようになりたいと思いました。とても楽しかったです。」といったコメントが寄せられてます。

それぞれがこの交流に向けて事前準備をしっかりし、「恥ずかしがらず英語で話す」など目的意識を持って臨んでくれていることで有意義な交流になりました。

この1回1回の努力が1年後の大きな進歩に繋がっているはずです。残り2回の交流もがんばりましょう!