プログラム状況 Now!

【Global Talk!2021-22】Session-1 Harvard/Brown/Knox

【Global Talk!2021-22】がスタートしました。

最初のSession1は、Harvard大学・Brown大学の学生さんたちとの交流です。

《自己紹介と日本の若者言葉の紹介》をトピックに、Zoomでの交流を行いました。
3校からの参加者は全部で60名になりました。その中で、3~4名の少人数グループに分かれてディスカッションを実施。日本語話者はKnox生のみの構成です。

事前準備として、友達同士の会話やSNSなどでよく使う言葉のなかから1つ選んでおき、自己紹介とともにディスカッションで他のメンバーたちに紹介しました。

次にグループ作業では、吹き出しが空欄になっている四コマ漫画を使って英語と日本語の両方でスキットを作りました。一緒に一つのものを作り上げる「協同作業」によって、参加者たちはよりお互いを知り合い、距離が縮まった印象を持ったようです。提示された四コマ漫画に日本語・英語でのスキットを作成しました。

 

参加したメンバーは、普段何気なく使っている「若者言葉」をタスクを通じて再認識したり、交流相手の紹介してくれた英語での「若者言葉」に興味を持ったり、さまざまな発見があったようです。

どのメンバーもBrakout Roomから出てきた顔はいい笑顔で、交流が楽しかった様子が伺えました。嬉しい事ですね。

最後に、自分が紹介した《わかもの言葉》を出してもらいました。日本語/英語いろいろと揃いました!

こうして楽しかった初回のSession 1, Zoom交流は終了しました。

交流後に感じた感想を、みんなに一言書いてもらいました。その一部をご紹介します。
みんな楽しそうな交流ができて良かったです!

  • 相手校の日本語レベルが高く、日本語と英語を織り交ぜながら会話するという目的にかなった交流が出来ました。相手の方々がなぜ日本語の習得に力を入れているのかも、その方のバックグラウンドから推察する事が出来ました。
  • このような機会をいただけて、本当に良かったです。これからの交流でも、積極性と感謝を忘れずに参加していきます。
  • 与えられたテーマ以外にも、日本のアニメやK-POPアイドルについて話すことができ、短い時間でしたが親交を深めることができました。このような機会を設けてくださり、ありがとうございました!
  • 若者言葉の紹介やスキットの録音が円滑に進められた為、残りの時間でフリートークをすることができ楽しかったです。
    大学の授業でディスカッションをすることはあっても、自分自身のことを話す機会はあまり多くないので、今後はより自分のことを人にうまく伝えられるようになりたいと思います。
  • 交流後も余韻に浸るほど楽しい時間でした。交流の50分間が一瞬で過ぎ去り、これほど充実した時間はそうそうないと思いました。これからの交流が楽しみです!!
  • 話題が尽きることなく活発なディスカッションができ、とても貴重な経験になりました。
  • メンバー2人とも日本語が上手で日本語でワークを進めようとして、逆に私が英語で話そうとするのに必死でした。日本語と英語でバランスよくワークを進めるのに一苦労でしたが貴重な機会でした。すごく楽しかったです!!今後の交流が楽しみです!

Global Talk!は、まだまだこれから交流が続きます。お楽しみに!

 

2021-22 Global Talk! オリエンテーション開催

アメリカとのオンライン交流プログラム 「Global Talk!2021-22」がスタートを切り、8/29には、参加者のオリエンテーションが開催されました。

今年の応募も200名を超えるエントリーがあり、皆さんがどれほどこのプログラムに期待を寄せているのかが伺えました。

そんな中、選考で選ばれた参加者の皆さんが、オリエンテーションに日本各地から参加してくれました。

オリエンテーションでは、プログラムの詳細や注意事項、セッション内容や利用するアプリの説明などが短い時間の中、次々と紹介されます。参加者のみんなの表情は真剣そのもの!

そして実際の交流を模擬したPre交流では、慣れない作業や初めて使うアプリに戸惑いながらもみんな一生懸命取り組んでくれました。

まず最初は、Flipgridを使った自己紹介のビデオを投稿です。
住んでいる場所も学校も学年も違う学生同士ではありますが、これからの交流で一緒に取り組む仲間たちです。
この作業を通じては、アプリの使い方を知るだけでなく、参加するメンバー同士がお互いを知るいいチャンスになったことと思います。

次に取り組んだVoiceThreadを使った交流では、与えられたテーマについて調べ、自分の考えをスライドにまとめ、投稿していきます。
最初は個人で、その後はさらにチームに分かれて一つのスライドを協同作業で作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

チームでの作業では、初対面のメンバーであるにも関わらず、協力しあいながら一つのものを作り上げる達成感を感じた参加者も多かったようです。
ここで、「チームメンバーと交流できたことが嬉しかった!」「初めてのアプリを使ったのが楽しくて良かった!」と前向きな感想を残してくれた参加者の方がとても多く、初対面の人たちとも積極的に交流に取り組んでくれている姿勢に私たちも嬉しくなりました。

今回も、約4時間にわたる長いオリエンテーションでしたが、みなさん最後まで頑張りました!
またPre交流を経験してみて、新しいアプリや機能に少し慣れてきたようで、今後の交流を楽しみにしているといった声を多く聞きました。
これからも今の気持ちを忘れずに、どうか楽しんで1年頑張っていってくださいね!

Global Talk! 2021-22 参加募集終了

『Global Talk』2021-22年度の募集が、本年度も始まりました!

このプログラムは、日本語を勉強しているアメリカの学生と、英語を勉強している日本人の生徒たちをオンラインで繋ぐ国際交流プログラムです。

英語を話したい!日本語を使って実際に交流したい!と希望する学生たちが、それぞれのセッションを通して交流します。

昨年度(2020-21年度)は、アメリカ側から、Harvard大学、Brown大学、UNISなどの学生が参加してくれ、それぞれの出身地の文化紹介や学校紹介からSDGsまで、多岐にわたるトピックを通して、活発な交流が行われました。

同年代のアメリカの学生たちと同じ課題に取り組み、交流できるこのプログラムは、ここでしか体験できない貴重なもの!
プログラム終了後のアンケートでは、昨年度の参加者から「忘れられない経験になった。」「視野が広がった!」などの声が多く寄せられました。

学校や部活、アルバイトなどの両立で大変なこともあるかもしれませんが、このプログラムに参加し、優秀な成績を修めた方には、Certificateの授与もあります!

Global Talk!のすべての費用は在日アメリカ大使館の助成により運営されています。
そのため、このような質の高いプログラムであっても無料で参加することができます。

この機会をどうぞお見逃しなく!
なお、応募者多数の際には選考にて参加者が決定されます。

皆さんのご応募をお待ちしています。

●プログラム・参加詳細:こちらから
●参加エントリー:こちら

参加登録〆切:2021年8月13日(金) 23:59

Global Talk!2020-21 Award Ceremony

Global Talk!2020-21のすべての交流が無事に終了し、在日アメリカ大使館へ深い感謝の気持ちを表すとともに、学生たちの栄誉をたたえる”Award Ceremony”が、5/11(火)にオンラインで行われました。

この国際交流プログラム「Global Talk!」は在日アメリカ大使館による助成プログラムのため、学生たちに、無償でこのような貴重な機会を提供することができています。
今年度の”Award Ceremony”も在日アメリカ大使館 文化交流部 教育/人物交流外交官であるグレース・チョイ氏が、ご出席くださり、学生たちにこれまでの活動への功績に励ましのお言葉をかけてくださいました。
このような貴重な体験に、学生たちは、これまでの活動をやり遂げてきた喜びがさらに深まったのではないでしょうか。

今年度の活動内容の紹介として4名の代表者の皆さんが、Sessionについて概要を紹介してくれました。

 

それぞれのトピックで参加者たちは、これまでとは違う新しいものの見方や考え方を発見したり、より深く問題について考えるようになったり、多面的に物事をとらえるようになったりとトピックを通して自分自身を成長させていったのを実感しているようでした。

この発表してくれた、島田さん、馬見塚さん、山崎さん、若松さん ありがとうございました。

そして、この ”Global Talk!2020-21”を代表して藤波さんがスピーチをしてくれた際には、他の参加者の皆さんも感慨深そうに、時に頷きながら聞いていました。

このプログラムでは、Sessionをこなしていくなかで、〆切のある課題や資料作成があったり、トピックも難しかったり、動画や意見を投稿するために初めて使うアプリに戸惑ったり、学業や部活などの自分の生活との両立に大変なことも多かったことと思いますが、そういった体験を通し、それぞれがいろいろなことを感じ成長に繋げてくれたことに私たちも嬉しく思います。

また、プログラムが終了した際に行ったアンケートでもたくさんの嬉しい感想を教えてくれましたので、ご紹介します。

「多様なバックグラウンドを持つアメリカの学生と交流することで、自分の言動について責任感を覚えるようになりました。」

「勇気を持って話しかけること」
「英語が得意ではなくても積極的に取り合えず話してみようとする気持ち」
「交流したアメリカの学生は、日本に興味があったので、そうした海外の方々に日本の良さを正確に伝えたいという、英語の学習意欲がわいたきっかけにもなりました。」
「異文化感でもお互いに学び合うことができるということ、英語を口に出してみる勇気」

「本プログラムを受講する前は,「間違いないようにしよう」という気持ちが強く,相手の様子を伺いながら話していた。一方で,本プログラムに参加していく中で,「間違っててもいいからとりあえず,何か言おう!」というように気持ちが変化していった。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までプログラムをやり遂げ、優秀な成績を修めた参加者にはCertificate が贈られます。
今年度も多くの参加者がこのCertificate を手にすることができました。

このCertificateを受け取れたことを誇りに感じ、自信を持ってこれからも頑張っていってほしいと思います。

参加者の皆さん、交流校の皆さん、これまでありがとうございました。
皆さんがGlobal Talk!を通して、感じたこと、学んだことを生かして、未来に向けて大きく世界に羽ばたいていってください!

在日アメリカ大使館 グレース・チョイ外交官様、コーディネーター 三橋様、 Global Talk!2020-21のプログラム、そして”Award Ceremony”は、学生たちにとって大きな励みになったことと思います。素晴らしい機会を頂きましてありがとうございました。

 

 

【Global Talk!】Session-10 環境問題

とうとうGlobal Talk!2020-21の大学間・最後のセッションになります。
このセッションは、Harvard大学、Brown大学、Knoxの協働活動とし、トピックは「SDGsから見た環境問題」です。
3校から合計約40名が参加となりました。

参加メンバーは、各自でリサーチするテーマを1)プラごみ, 2)食品ロス, 3)エネルギー, 4)異常気象, 5)大気海洋汚染, 6)その他の中から
選び、選んだトピックにスライドを作成、スライドと音声で発表しました。

 

 

 

 

 

 

その後、三校の混合メンバーによる小グループに分かれてのディスカッションを行いました。
この小グループディスカッションでは、各自の発表に加え、グループ毎に《現在ある解決法・進めたいアクション》として、新しいスライドを一枚作成しました。

日本やアメリカ、ヨーロッパ、アジアと大陸を超えてオンライン上でメンバーが画面を共有しながら話し合い、一つのものを作り上げていく、とても高度ではありますが、有意義なディスカッションになり、多くの素晴らしい発表がありました。

 

最終的なディスカッション活動として、社会と世界へ向けて発信するために、「環境問題グローバル・キャッチフレーズ」の作成へと繋げました。

このキャッチフレーズを作成するまでの作業や意見交換で、参加者たちは自国の環境だけでなく、地球規模で環境問題をとらえ、真剣に未来に向けて《私たちができること》を考えていきました。

このセッションにより、自分たちがこれからの地球の未来を創っていくんだ!と能動的な意識付けがより深まったような印象でした。

母国語でも難しいこれらの課題を、日本語・英語両方の学習言語で話し合い、資料を作成、発表することは困難もあったことと思います。
ここまで頑張ってやり抜いたGlobal Talk!の参加メンバーに心からエールを送りたいと思います。

【Global Talk!】Session-9 BXCHSとの交流

Session9では、NYにあるBXCHS高校との交流でした。

Flipgridを使っての自己紹介と自分のオススメの食べ物についての動画を投稿し合い交流しました。
Knoxからの参加者からは、餃子やお好み焼きなどの日本では一般的によく食べられている食べ物のほか、自分たちの住む土地で人気のある食べ物も紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お寿司や天ぷらのようによく知られた日本食以外の食べ物の紹介にBXCHSの学生さんたちも興味津々!

「自分たちの住んでいる場所では、この料理が食べれるレストランがないから日本に行ったら食べてみたい!」

「この料理は初めて見ました。どんな味なんだろう?」

「レストランで食べたことがありますが、自分でも作ってみたいと思いました。」

といったコメントが寄せられ、それに対しKnox生が返事を返し交流が盛り上がりました。

一方、BXCHS校生からの投稿は、家族の出身国の伝統的な料理であったり、アメリカで一般的な人気の料理やスナックなどが紹介されました。
また、中には自分が日本に行ったときに食べてみたいと思っている食べ物を調べて発表してくれていた学生もいました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BXCHS校生が紹介してくれた料理は、Knox生たちは、初めて見る食べ物も多くあったようで

「その料理は家でも作れますか?」

「よくその食べ物を食べるのですか?」

「初めて見たけど、おいしそうですね!」

など、多くの質問が寄せられ楽しく情報交換ができました。

 

交流途中でNY地域でのコロナ感染状況が悪くなった関係で、交流も断続的になったりと支障がでてくることもありました。
が、出来る範囲での交流が少しでも出来たことを、とても嬉しく思います。

【Global Talk!】Session-8 UNISとの交流

Session8は、UNISとのZoomを使っての対面交流です!

こちらは、3つのトピックに基づいて行われました。
今年のクリスマスやお正月などの冬休みの過ごし方や伝統的な年末年始の過ごし方、また年末の大掃除などのテーマに発表が行われました。

 

 

 

 

 

 

これまで当たり前のように過ごしてきた伝統的な日本スタイルの文化も、全く違う文化背景の学生たちに説明するのはとても難しいものです。

UNIS, Knoxの生徒たちはペアになり時間を区切って言語を日本語・英語と変えながら、自分たちの文化を伝えていきました。
準備していた写真を見せながら、笑い声も聞こえながらディスカッションが進みました。

今回はトピックを年末に知らされていたので、お正月に自分の家で食べたおせちの写真や、自分が年末に大掃除をした場所を移した写真など、
身近な話題について話したので、学生たちも多く話せたのではないかと思います。

【Global Talk!】Session-7 VBとの交流

Session7は、Virginia州のBayside Middle Schoolとの交流です。

Flipgridの動画投稿で、お互いに自己紹介をしました。
参加メンバーたちは、好きなゲームやアニメなどの共通の趣味であったり、それぞれが興味のあることで質問し合いました。

 

 

 

 

 

 

今回の交流で、もっとも難しい点は「易しい日本語を話す」ということ。
相手校の生徒さんたちは、まだ日本語の学習を始めて一年未満です。
もちろん日本語が流暢ではありません。

自己紹介後には「(自分の)おすすめの場所」を紹介しあいました。
自分の学校やお気に入りのレストラン、自分の出身地を挙げて地元で人気の料理などを紹介する動画も見られました。

 

 

 

 

 

 

Knox生はとても慎重に、気を使いながら、ゆっくりとクリアに日本語を話してくれています。
ですが、何気なく話す言葉「見渡せます」「通学で使います」などVBの生徒さんたちにとっては難しい言葉が少しずつあり、いかに「簡単に話すことの難しさ」を感じた交流でした。

それも《相手を知る、違いを知る》ということは、このプログラムを通して得て欲しい重要な一つ、です。

一方、VBの学生さんからの投稿は、アメリカのお寿司屋さんやトリックアートミュージアムなどが紹介されました。

    

 

 

 

 

それぞれの発表にコメントや質問を投稿、またそれに返答を返していく、というやり取りを重ね、交流が終了しました。

VBの生徒さんたちとの交流は4年目になりますが、今年度ははじめて両校がオンラインのみでの交流でした。
日本語の学習が例年通りには進めることができずに先生、生徒さんたちも大変だったかと思いますが、それでも交流は実施しましょう、とポジティブに先生が考えて下さり、実施することができました。

VBの生徒さんたちにとっては、初めて日本にいる日本語ネイティブの学生との交流。
これからの日本語学習の、そしてKnox生にとってもこの交流が英語学習のモチベーションに繋がったら、嬉しく思います。

【Global Talk!】Session-6 GOA / 和洋折衷

Session6は、GOAと「和洋折衷」をテーマに交流しました。

まずGOAの生徒さんから、動画の投稿による日本語&英語での質問を受けました。

「週末にはよく何をしますか?」
「アメリカに行ったことがありますか?」
「どんな洋食が好きですか?」

身近な質問から、「自分が行ってみたいところ、食べてみたいもの」など、様々な会話へと発展していきました。
それぞれに日本語と英語、二カ国語で交流していきます。

 

 

 

 

 

 

そして、Knox側からのプレゼンテーションとして「海外から来て日本に根付いた文化」を参加者たちはスライドを作成して紹介しました。
コンビニエンスストアやクリスマスケーキ、そしてカレーライスなど様々なテーマでのリサーチを行い、日本でおなじみの文化がどのように変化していったかなどが発表されました。
GOAの生徒さんたちにとっては、海外と日本とで感じ方や扱い方が違うものなどがあり、興味深かったとのコメントが寄せられました。

 

 

 

 

 

このSessionの仕上げとして、【Language Table】としてZoomでGOAの生徒さんたちと直接交流を行いました。

今回はカジュアルに会話ができるよう、トピックも「食べ物」「映画」など身近なものを選びました。
GOAの生徒さんからは「思ったよりも日本語での会話ができた」「20分も日本語で日本語ネイティブの人と会話ができた!」と嬉しいコメントが多く入りました。

日本語と英語のカジュアルな対面交流で終わったSession 6ですが、とても多くの笑顔が見られた交流でした。

まだ他Session は、続いていきます。

【Global Talk!】Session-5 GOA / 学校紹介

Session-5では、GOAの生徒さんとKnoxのメンバーとでそれぞれの学校紹介をしました。


そして、学校紹介の投稿を見てお互いにコメントを投稿し合います。
学食や運動会、制服や校則について自分たちの学校との違いなどの情報交換を行いました。
日本の学生が放課後に「掃除の時間がある」ことや制服などに興味を持ったアメリカの学生さんもいました。
Knoxからの参加者は、アメリカの学校の広大な敷地や大きな講堂に驚いたり、学校のシンボルとしてのマスコットがあったり、教科ごとに建物が分けられていたりする場合があることに日本との違いを感じていました。

また、交流コメントの中には「私の曾祖母は、あなたと同じ高校に通っていました」とアメリカ側の生徒さんの一人がコメントし、Knoxの参加者もその偶然にビックリといった面白いエピソードもありました。