プログラム状況 Now!

【Global Talk!】Session-10 環境問題

とうとうGlobal Talk!2020-21の大学間・最後のセッションになります。
このセッションは、Harvard大学、Brown大学、Knoxの協働活動とし、トピックは「SDGsから見た環境問題」です。
3校から合計約40名が参加となりました。

参加メンバーは、各自でリサーチするテーマを1)プラごみ, 2)食品ロス, 3)エネルギー, 4)異常気象, 5)大気海洋汚染, 6)その他の中から
選び、選んだトピックにスライドを作成、スライドと音声で発表しました。

 

 

 

 

 

 

その後、三校の混合メンバーによる小グループに分かれてのディスカッションを行いました。
この小グループディスカッションでは、各自の発表に加え、グループ毎に《現在ある解決法・進めたいアクション》として、新しいスライドを一枚作成しました。

日本やアメリカ、ヨーロッパ、アジアと大陸を超えてオンライン上でメンバーが画面を共有しながら話し合い、一つのものを作り上げていく、とても高度ではありますが、有意義なディスカッションになり、多くの素晴らしい発表がありました。

 

最終的なディスカッション活動として、社会と世界へ向けて発信するために、「環境問題グローバル・キャッチフレーズ」の作成へと繋げました。

このキャッチフレーズを作成するまでの作業や意見交換で、参加者たちは自国の環境だけでなく、地球規模で環境問題をとらえ、真剣に未来に向けて《私たちができること》を考えていきました。

このセッションにより、自分たちがこれからの地球の未来を創っていくんだ!と能動的な意識付けがより深まったような印象でした。

母国語でも難しいこれらの課題を、日本語・英語両方の学習言語で話し合い、資料を作成、発表することは困難もあったことと思います。
ここまで頑張ってやり抜いたGlobal Talk!の参加メンバーに心からエールを送りたいと思います。

【Global Talk!】Session-9 BXCHSとの交流

Session9では、NYにあるBXCHS高校との交流でした。

Flipgridを使っての自己紹介と自分のオススメの食べ物についての動画を投稿し合い交流しました。
Knoxからの参加者からは、餃子やお好み焼きなどの日本では一般的によく食べられている食べ物のほか、自分たちの住む土地で人気のある食べ物も紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お寿司や天ぷらのようによく知られた日本食以外の食べ物の紹介にBXCHSの学生さんたちも興味津々!

「自分たちの住んでいる場所では、この料理が食べれるレストランがないから日本に行ったら食べてみたい!」

「この料理は初めて見ました。どんな味なんだろう?」

「レストランで食べたことがありますが、自分でも作ってみたいと思いました。」

といったコメントが寄せられ、それに対しKnox生が返事を返し交流が盛り上がりました。

一方、BXCHS校生からの投稿は、家族の出身国の伝統的な料理であったり、アメリカで一般的な人気の料理やスナックなどが紹介されました。
また、中には自分が日本に行ったときに食べてみたいと思っている食べ物を調べて発表してくれていた学生もいました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BXCHS校生が紹介してくれた料理は、Knox生たちは、初めて見る食べ物も多くあったようで

「その料理は家でも作れますか?」

「よくその食べ物を食べるのですか?」

「初めて見たけど、おいしそうですね!」

など、多くの質問が寄せられ楽しく情報交換ができました。

 

交流途中でNY地域でのコロナ感染状況が悪くなった関係で、交流も断続的になったりと支障がでてくることもありました。
が、出来る範囲での交流が少しでも出来たことを、とても嬉しく思います。

【Global Talk!】Session-8 UNISとの交流

Session8は、UNISとのZoomを使っての対面交流です!

こちらは、3つのトピックに基づいて行われました。
今年のクリスマスやお正月などの冬休みの過ごし方や伝統的な年末年始の過ごし方、また年末の大掃除などのテーマに発表が行われました。

 

 

 

 

 

 

これまで当たり前のように過ごしてきた伝統的な日本スタイルの文化も、全く違う文化背景の学生たちに説明するのはとても難しいものです。

UNIS, Knoxの生徒たちはペアになり時間を区切って言語を日本語・英語と変えながら、自分たちの文化を伝えていきました。
準備していた写真を見せながら、笑い声も聞こえながらディスカッションが進みました。

今回はトピックを年末に知らされていたので、お正月に自分の家で食べたおせちの写真や、自分が年末に大掃除をした場所を移した写真など、
身近な話題について話したので、学生たちも多く話せたのではないかと思います。

【Global Talk!】Session-7 VBとの交流

Session7は、Virginia州のBayside Middle Schoolとの交流です。

Flipgridの動画投稿で、お互いに自己紹介をしました。
参加メンバーたちは、好きなゲームやアニメなどの共通の趣味であったり、それぞれが興味のあることで質問し合いました。

 

 

 

 

 

 

今回の交流で、もっとも難しい点は「易しい日本語を話す」ということ。
相手校の生徒さんたちは、まだ日本語の学習を始めて一年未満です。
もちろん日本語が流暢ではありません。

自己紹介後には「(自分の)おすすめの場所」を紹介しあいました。
自分の学校やお気に入りのレストラン、自分の出身地を挙げて地元で人気の料理などを紹介する動画も見られました。

 

 

 

 

 

 

Knox生はとても慎重に、気を使いながら、ゆっくりとクリアに日本語を話してくれています。
ですが、何気なく話す言葉「見渡せます」「通学で使います」などVBの生徒さんたちにとっては難しい言葉が少しずつあり、いかに「簡単に話すことの難しさ」を感じた交流でした。

それも《相手を知る、違いを知る》ということは、このプログラムを通して得て欲しい重要な一つ、です。

一方、VBの学生さんからの投稿は、アメリカのお寿司屋さんやトリックアートミュージアムなどが紹介されました。

    

 

 

 

 

それぞれの発表にコメントや質問を投稿、またそれに返答を返していく、というやり取りを重ね、交流が終了しました。

VBの生徒さんたちとの交流は4年目になりますが、今年度ははじめて両校がオンラインのみでの交流でした。
日本語の学習が例年通りには進めることができずに先生、生徒さんたちも大変だったかと思いますが、それでも交流は実施しましょう、とポジティブに先生が考えて下さり、実施することができました。

VBの生徒さんたちにとっては、初めて日本にいる日本語ネイティブの学生との交流。
これからの日本語学習の、そしてKnox生にとってもこの交流が英語学習のモチベーションに繋がったら、嬉しく思います。

【Global Talk!】Session-6 GOA / 和洋折衷

Session6は、GOAと「和洋折衷」をテーマに交流しました。

まずGOAの生徒さんから、動画の投稿による日本語&英語での質問を受けました。

「週末にはよく何をしますか?」
「アメリカに行ったことがありますか?」
「どんな洋食が好きですか?」

身近な質問から、「自分が行ってみたいところ、食べてみたいもの」など、様々な会話へと発展していきました。
それぞれに日本語と英語、二カ国語で交流していきます。

 

 

 

 

 

 

そして、Knox側からのプレゼンテーションとして「海外から来て日本に根付いた文化」を参加者たちはスライドを作成して紹介しました。
コンビニエンスストアやクリスマスケーキ、そしてカレーライスなど様々なテーマでのリサーチを行い、日本でおなじみの文化がどのように変化していったかなどが発表されました。
GOAの生徒さんたちにとっては、海外と日本とで感じ方や扱い方が違うものなどがあり、興味深かったとのコメントが寄せられました。

 

 

 

 

 

このSessionの仕上げとして、【Language Table】としてZoomでGOAの生徒さんたちと直接交流を行いました。

今回はカジュアルに会話ができるよう、トピックも「食べ物」「映画」など身近なものを選びました。
GOAの生徒さんからは「思ったよりも日本語での会話ができた」「20分も日本語で日本語ネイティブの人と会話ができた!」と嬉しいコメントが多く入りました。

日本語と英語のカジュアルな対面交流で終わったSession 6ですが、とても多くの笑顔が見られた交流でした。

まだ他Session は、続いていきます。

【Global Talk!】Session-5 GOA / 学校紹介

Session-5では、GOAの生徒さんとKnoxのメンバーとでそれぞれの学校紹介をしました。


そして、学校紹介の投稿を見てお互いにコメントを投稿し合います。
学食や運動会、制服や校則について自分たちの学校との違いなどの情報交換を行いました。
日本の学生が放課後に「掃除の時間がある」ことや制服などに興味を持ったアメリカの学生さんもいました。
Knoxからの参加者は、アメリカの学校の広大な敷地や大きな講堂に驚いたり、学校のシンボルとしてのマスコットがあったり、教科ごとに建物が分けられていたりする場合があることに日本との違いを感じていました。

また、交流コメントの中には「私の曾祖母は、あなたと同じ高校に通っていました」とアメリカ側の生徒さんの一人がコメントし、Knoxの参加者もその偶然にビックリといった面白いエピソードもありました。

 

【Global Talk!】Session-3 GOA / Life in Japan

Session3は、GOAとの交流でトピックは「Life in Japan」です。
日本での私たちの暮らしに関わるものの価格(玉子・牛乳・ガソリン )や、日本の人口についてのリサーチをKnox側の学生がプレゼンテーションしました。

 

 

 

 

 

そのリサーチ発表に対し、GOAの生徒さんからは

「アメリカとの違いが面白い!」
「卵は、アメリカより日本のほうが安いことに驚いた。」
「日本のガソリンはいろいろな種類があるのがおもしろい。」
「アメリカでは卵は12個入りのパックで売られているよ。」

と言った声が寄せられ、これまで当たり前と思っていたことが日本ならではのことであったりと、新たな発見があった参加者も多かったようです。

また、日本語を学ぶGOAの生徒さんからは、日本語学習についての質問や外国語学習における文法の難しさについてのコメントが投稿され、お互いに日本語・英語を学ぶものとして励ましあっている様子もありました。

【Global Talk!】Session-4 Harvard/Brown/Knox

このSession4では「 Gender Equality」をテーマに、ハーバード大学とブラウン大学の学生と、Knoxの大学生が課題に取り組みました。

まず、用意された二つの動画を見てそれぞれ感じたことや意見を書き出していきました。
この動画は、一つは女の子らしさのイメージや固定観念についてをテーマにした「Like a girl」というCMで、もう一つは、食品メーカーの「味の素」のCMで、日本における母親像をテーマにしたものです。

「この動画で自分も固定観念を持っていることに気づいた」
「決められてもいないのに役割が自然と決まってしまうような場合に問題が起こるのでは?」
「Gender問題で男女ともに生まれる不利益とは男女が「対立関係」に捉えられがちである点だと思う」
など、参加したメンバーからは様々な角度からの多様な意見が出されました。

ここではこの問題について、しっかりと深く考えて欲しいため、あえて日本語での書き出しとしました。

その後、グループに分かれてジェンダー格差の問題が顕著に表れている国、または改善されている国について、グラフ等を使って現状や問題点と理由を説明をするスライドを作成し発表しました。

男女間の賃金、教育の格差による問題点や、家庭内だけにとどまらず政治の世界での男女の役割の固定観念による格差など、私たちを取り巻く問題点が多く取り上げられました。

そして、小グループでのディスカッションを経て、三校合同会議を開催。

この合同会議でも少人数にわかれたBreakout Roomsでディスカッションを実施。

「この問題を解決するために社会ができること」「個人ができること」
この二点に関して、Harvard大学、Brown大学、そしてKnoxの学生たちが二カ国語で話し合っていきました。

準備をして臨んでいるとはいえ、英語で難しい課題について発表するのは、とても緊張することだと思います。

 

 

 

 

 

 

そんな中、参加してくれたメンバーの皆さん、お疲れさまでした!
とても良い経験ができたのではないかと思います。

今後のSessionも頑張ってくださいね!

【Global Talk!】Session-2 UNIS/Gender Issues

Session2は、トピック”Gender Equality”で、NYにある国際国連学校(UNIS)との交流。
UNISは幼稚園から高校までの私立校で、交流はUNIS生の高校生と行います。

まずFlipgridを使って自己紹介からスタート。

 

 

 

 

 

 

なんとなくまだみんな緊張感があるような顔をしていますね。

次はペアになって、オンラインで「Tradition and Gender Inequality」について話し合いました。
トピックは、3つ。
1) 伝統と男女差別(日本語)
2)    You and Gender Inequity (English)
3)    流行り(はやり)(日本語と英語)/ Popular things (Japanese and English)

今回は、トピックによって言語を分けて行いました。お互いに学習言語でのディスカッションは難しいことがたくさんだったと思いますが、それぞれに楽しく笑い顔もたくさんみれました。時差があるため、週末の約1時間、アメリカの朝・日本の夜で調整して行いました。

ディスカッション後には、自分の感想、得たこと、感じたことなどを自由に英語で書いてもらいました。
短い感想のはずでしたが、とてもUNIS生とのディスカッションが楽しく、感じたことが多かったせいか、みんなとても長文で書いてくれました。

 

そして、さらに男女格差問題を深く知るために、2014年に親善大使に任命された女優のエマ・ワトソンさんが国連で行った「He for She」のスピーチ動画を見ました。

 

 

 

 

エマ・ワトソンさんといえば、ハリーポッターシリーズのハーマイオニー・グレンジャーの役として世界的に有名な女優です。
このスピーチで、ジェンダー平等実現へのアクションへの理解を深め、より自分たちの作るコマーシャルをどのようなテーマで、どう展開させていき、どんなメッセージを訴するのかを考えました。

 

 

いよいよ最終プロジェクト「男女平等を訴えるCM作成」に入ります。

どんなCMを作成するか、2回目のオンライン・ミーティングを行いました。
時差の関係で、二つのグループに分けての実施です。
それぞれにミーティングまでに各自でまとめた自分の考えを、ミーティングで発表しあいます。

 

 

 

 

 

 

 

前半チームでのグループ写真、パチリ。

そしてミーティング後に約2週間かけて、UNISとKnox生は日本・アメリカと離れていますが話し合いを続け、ペアで協働CMを作成へと続きます。
すぺてのペアが、一分程度のCMを、日本語・英語の2本立てで作成します。

どんなテーマにするのか、対象者は、画像は。そしてそのストーリーを考え、セリフを作り、作り上げていく。
これだけの作業を日本・アメリカで離れた場所に住んでいるペアとすすめていくのは、簡単なことではありません。

出来上がった協働コマーシャルは、どのグループもとても素晴らしい出来栄えでした!

あるグループは、ディズニープリンセスを取り上げ、かつての女性(プリンセス)の幸せ=(王子様)結婚という価値観が、だんだんと変化していることから、プリンセスに続き、自分たちもアクションを起こす大切さを訴えました。

また、別のグループでは、男女の識字率の違いや教育の格差の大きい国が存在することについて、問題提起しました。
そんな中で、ボランティアや寄付、身近な人々に現状を伝えていくことなど、自分たちがすぐに取り組めるアクションについて提案していました。

 

日本とアメリカと離れた国にいながら、さまざまなアプリやSNSを駆使しながらの協働作業。
すべてのプロセスを指導者側が指示をするのではなく、タスクだけを渡し、そのやり方は各ペアに任せてその協働作業を行っていきました。

「できませんでした」となってしまうペアが出るかも、と思っていましたが、そんなペアは一つもなく、それどころか非常に完成度の高いものを
日本語・英語で作成してくれました。

UNIS生、Knox生、お疲れ様でした!
きっと大変なこともあったと思いますが、とても皆さん頑張りました!

この活動がきっかけになり、英語への学習意欲や海外で学ぶ気持ち、もちろん男女格差問題についても前向きになってくれたら大変うれしく思います。

約3か月に渡った Session 2-UNIS 《Gender Issues》の活動は、これでいったん終了になります。

まだまだ他のSessionsは活動中です。

【Global Talk!】Session-1 Harvard/Brown/Knox

今年度初のGlobal Talk!交流となるSession1が、終了しました。

相手校は、ハーバード大学、ブラウン大学の学生たちです。

まず、Sessionの初めにそれぞれの学生たちが日本語・英語で自己紹介の動画を投稿しあいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介が終わると、いくつかのグループにわかれての協働活動です。

このセッションのテーマは「ていねいさ」をどう伝えるか How do we convey “politeness”.
日本とアメリカでの就職時の面接においてのマナーや話し方の違いについて話し合い、その後、「依頼する」ことをトピックにしたスキットをグループごとに作成します。日本語と英語の敬語の違いはもちろん、お辞儀の違いや丁寧度の表し方などその文化の違いも興味深いことでした。

 

 

 

 

 

グループごとの話し合いはWEB上で実施です。
今回はKnoxのメンバーがグループリーダーとなり、アメリカ側の学生たちに話し合いの日程の調整をしました。
全14グループ、3校からの混合で、各グループには4-5名が入っています。

コロナの影響で、アメリカからそれぞれの国に帰国している留学生たちもいるため、アメリカと日本だけの時差調整に限らず、中国や香港、イギリスやオーストラリアなど、世界各国にいる学生たちとの時差調整に、Knoxのメンバーは苦労し、とても頑張ってくれました。

そんな大変さを乗り越え、各グループごとにスキットが出来上がりました。
丁寧さを必要とする場面を設定し、セリフを考え、日本語・英語と二つのバージョンでスキットを作成します。

発表されたスキットは、

犬が宿題のペーパーを食べてしまったので、プロフェッサーに丁寧に謝るスキット、
国民に供給するマスクをもっと大きくしてほしい、と元安倍総理にお願いするスキット、など、楽しいアイディアが入ったものが多く発表されました。

それらを参加者全員でベストだったスキットを《投票》で決定しました。
そして、、、見事に優勝を勝ち取ったGroupBの皆さん、おめでとうございます。

各グループのスキットは、とてもユーモアにあふれていて、テーマや構成も短い時間の話し合いとは思えないほどよくできていました。

次のSessionもお楽しみに!