【Global Talk!】⑤個人でのVT投稿・発表

Global Talk!の全メンバーが5つのカテゴリーに分かれ、それぞれの分野でGender Equalityを調べました。

カテゴリーは、メディア・政治・育児・賃金・管理職の5つに分かれます。それぞれの中での現状や問題点を各自で調べ、発表をVT上の投稿で行いました。

発表の内容には、
①問題点を示すデータ ②その問題を解決している国のデータ ③自分で考える解決策 を示す必要があります。
同じカテゴリーの中でも様々な角度からの発表が揃い、とても興味深い発表となりました。

例えばメディアのグループでは、メディア業界で働く人の男女比に着目した発表があれば、メディアがジェンダーを作り出している現状、またメディアの中に登場している女性を取り上げた発表など様々なものがありました。

 

 

 

これは、学校での授業の一環ではありません。Knoxからの参加者は、通う学校も地域も学年も違い、それぞれの学校生活や行事、部活やサークルなど日々の生活に追われた、忙しい学生たちです。よってこの活動をさぼっても、彼らは学校の成績が落ちるわけでも単位を落とすわけでもありません。

それにも関わらず、厳しい期日を守って、社会が抱える問題を自分なりに調べて考え、そしてそれを英語にして発表する。この繰り返しの大変な作業をこなしている学生たちをとても誇りに思いますし、出来るだけこの交流・活動が彼らにとって意味深いものになるよう企画しなければ、と思わずにはいられません。

彼らは今週末より、グループ内でのディスカッションに入ります。日本・NY・ボストンと3地域を繋いでのディスカッションなので、日程調整が大変でしたが、いいディスカッションが出来ることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

【Global Talk!】③各校によるアンケート調査・結果のプレゼン

Global Talk!ではジェンダーに関する①固定観念 ②自己意識 ②自分の性別の満足度 に関してアンケートを取りました。

各校別(Unis, NY / Nobles, Boston / Knox, Japan)に同質問のアンケートを実施。Knoxの生徒たちは参加者12名が自分以外に3名(11-22歳までの男女)にアンケートを実施、集まった44の回答を元に発表を行いました。

アンケートの質問には、固定観念から得意性別が簡単に察することができそうな「料理をする」「理科が好き」などから「人の意見を聞く」「状況を順序立てて説明する」など、固定観念と自己意識の違いが別れそうな項目まで、全44項目を採用。

 

最後の質問には、「自分の性別に満足していますか?」。それぞれの学校別にアンケートの結果をまとめたので、興味深い結果も見ることが出来ました。ほとんどの人が自分の性別に70%前後で満足をしているが、男性においては満足していない割合が女性よりも高い割合で見えました。それぞれの学校別に行ったため、発表はそれぞれがTarget Languageで。Knoxは英語、Nobles/UNISは日本語で行われました。

このような社会問題を考えながら、学習言語で発表していく。他国の学生と一緒にそれぞれの国の現状を分析しながら、解決策を探る。直接アメリカの学生たちと話し意見を交換することにより、生きた社会学習また言語学習ができているようです。